こづゆ - 会津を代表する、具だくさんの郷土料理

こづゆは、武家料理や正月料理として江戸時代に広まりました。正月には、分家筋の家主は本家へ集まり新年を祝いますが、そこでの膳料理は持ち帰る風習があります。そこでこづゆ(重のつゆ)が「手塩皿」にて振る舞われました。椀は浅く、すぐに食べきってしまいますが、「お腹が一杯になるまで何杯でもおかわりしても良い」という本家の心づくしであったそうです。

その後「じゅうのつゆ」から「こじゅうのつゆ」、「こづゆ」と訛り今でも正月や、祝いの席で食べられています。地方によって材料は異なりますが、具だくさんの山の幸を貝柱のだしで煮込むという特徴や、素材の味を生かすように薄味であることが共通しています。似たような食材でつくられる「ざくざく煮」もあり、こづゆと同じく奇数具材を入れて作ります。

こづゆのレシピ

ホタテの貝柱をだし汁に戻し、ほぐした貝柱に豆麩、ギンナン、一口大に刻んだサトイモ、ニンジン、しらたき、シイタケ、キクラゲ インゲンなど(地域により材料は若干変わる)を加えて、日本酒、醤油で味を整えるが濃くせずに味付けは薄めにするのが特徴。現在はこづゆセットとして土産屋にも置いてある。

レシピを公開しているホームページ
cookpad
こづゆ  らしいかな?