天明 - 地域との「和」を大切にしたお酒

天明は「去年よりさらに良いものを」を合い言葉に、時代の変化と共に成長しているお酒です。この天明というお酒は様々な種類の米を使っていることが特徴の一つであり、酒造りをしている会津坂下町の曙酒造の人たちの『和』を大事にする人柄が反映されています。

地域の人たちとの繋がりを大事にする明るい作り手の元には様々な米が集まってきます。蔵元や蔵人が育てた有機米、顔の見える農家が栽培する契約栽培米、そして地元の幼稚園児たちが手植えと収穫を行った地元のお米。それらを大事に大事に「酒」にしていく。まさに『和』が育んだ酒と言えます。

天明という酒の味わいは飲みやすいキレイな口当たりでありながら、旨味・酸味が広がる味わい深いものになっています。
食中酒として様々な料理に合うお酒ですが、もし会津の料理と組み合わせるならぜひ「馬刺し」をにんにく醤油で食べながら飲んでみてください。馬肉の旨み、にんにく醤油のコクと酸味に天明の柔らかく、口当たりの良いバランスのとれた味わいがよく合います。

また、天明は現在、震災で一部破損、天明であることは確かだけど王冠・瓶が同じために中身がなんだかわからなくなってしまった商品を一度、すべてあけ替えブレンドののち、安全のため火入れ後再度ビン詰めをした「ハート天明」という商品を売り出しています。
「日本酒の力、日本酒の輪」で日本を盛り上げたいという想いが込められた天明というお酒は今だからこそ、是非飲んでいただきたい一本です。

>>天明の購入はこちら