名倉山 - きれいなあまさ」への飽くなき挑戦

日本酒の味わいを語るときによく使われる表現として「海沿いの土地で造られた酒はあっさりした料理が多いから淡麗、海から離れた土地で造られた酒は濃い味付けをする料理が多い事から、濃厚系のお酒が多い」というものがありましたが、今では流通も発達し、その土地の料理に合わせてお酒の味が決まるということは少なくなってきました。
そんな中、酒の甘さにこだわる名倉山の味わいは、『今なお会津らしい味』と表現できるのかも知れません。

名倉山酒造は大正7年に創業され、お酒の本当の旨味「きれいなあまさ」へのたゆまぬ挑戦を続けてきました。伝統を守りながらも、酒質を高めるためにはその伝統を壊すことも厭いません。パストライザーというお酒の劣化を防ぐ機械の導入などがそれに当たりますが、この機械を導入しているのは会津では名倉山酒造のみです。伝統的なを酒造りを基本としながらも、柔軟で豊かな発想を取り入れ、新しい味わいを日々追及していく姿勢こそが名倉山の特徴と言えます。

「茶道」や「華道」という言葉があるように、名倉山酒造では気候や風土に根ざしたお酒の楽しみ方を「酒道」と表現し、webサイトにて四季折々のレシピを提案しています。酒粕と豆乳を使った「名倉山鍋」は家庭でも作ることができ、ヘルシーで上品な味に仕上がります。柔らかくなった豚肉の、ほんのりとした甘みを是非お試しください。

会津の酒らしい甘さをもった名倉山は、昔ながらの会津料理と良く合います。例えば、棒鱈の甘露煮や鯉こく、馬肉のハラミなどと合わせ『会津を丸ごと』味わってみてください。