メインビジュアル

生産者の方は、誰もへこたれていないんです

─── 昔は商品化するほどの量ではなかったものを、缶詰商品にしてから、今のような規模になったんですね。

今でも、卸しているのは磐梯町の道の駅だけで、それ以外は個人のお客様から直接ご注文頂いています。
北海道から鹿児島県まで、おみやげなどで知って頂いた方々からのご注文ですね。
お正月や……関西ではお赤飯を炊くのに使う方もいらっしゃるようです。

─── お赤飯ですか! 他におすすめのレシピなどありますか?

お赤飯の他は、天ぷらですね。缶詰の甘い高原花豆を、3~4個まとめて揚げて天ぷらにするんです。
(取材陣一同、意外なレシピに驚くも、会津地方名物の「まんじゅうの天ぷら」を思い出して納得)

─── 他に、花豆については……。

この花豆ですが、学名は「紅花いんげん」と言います。ですがこのあたりでは高原花豆、花豆と呼んでいます。
白と赤の花から、それぞれ白い豆と赤い豆がとれて、紅白で縁起がよい。
なので、結婚式などで使われるので、缶詰の商品名は「花嫁ささげ」とつけました。

ところで、収穫の時期に雨が多く降ったりすると、白い豆にはちょっと茶色い模様のような色がついてしまうんです。
そういった白い豆は缶詰には入ずに、あんにしています。
うちは年間60回くらい餅つきをやる(!)ので、そのときに出したりするんですが、この間も、台湾からベリーダンスの慰問団が来てくださいまして、みんなで餅つきをやりましたよ。

─── ありがとうございます。他の農産物、特に大根についてですが……。

私は農業が好きで、畑も7ヘクタールほど作っているんですが、セゾンファクトリー(http://www.saisonfactory.co.jp/)に大根おろしドレッシング用の高原大根も卸しています。
9月になると、民宿では、その大根で大根ステーキ(!)を出しています。
こんな大根(手でサイズを示してくださる遠藤さん。太い!!)を分厚く切って、豚肉バラの角切りをつけあわせて焼いて出す、うちの名物です。
また、きのこのバター焼きなども美味しいですよ。テレビ番組でも30分たっぷり紹介されたほどです。そのときは問い合わせの電話が鳴りっぱなしでした。
残念ながら、問い合わせをくださったみなさんに送れるほど、大量のきのこは用意できないんですけれどね。

9月頃から、春までお出ししていますが、大根のステーキは本当におすすめですよ!
大根は雪の中に保存しておくんです、2000本くらい。
裏磐梯で雪の中にとっておくと、4月過ぎまで美味しく食べられるんです。

それとは別に、沢庵漬けも2000本くらい作ります。
それを厚切りにしてお客様に出しますと、「パイナップルかと思った」と。それくらい大きいんです。これも、うちの名物ですよ!